ニチガス(日本瓦斯)に関する略歴・評価のまとめ

ニチガスは関東圏を中心に、LPガス・都市ガスの供給やガス機器や住宅機器の販売、住宅のリフォーム、エアゾール製品などの製造販売を行っています。
メインはガスの供給で、合計100万戸のを超える方々にサービスを提供しています。お客から信頼されている会社です。

信頼されている理由は様々あります。エネルギーを届ける際は、「安全に、安定的に、安価に」届けることにこだわり続けて来ました。特に「安全に」「安定的に」はエネルギー会社として当然の取り組みと考えており、様々なサービスを行っています。

bil0037-00924時間365日の安全・保安サービスや、事故を未然に防ぐ安全設備の導入などを地道に進めています。さらに設備投資にも力を注いでおり、更なる信頼性の向上に努めています。

さらにニチガスでは必要なエネルギーを出来るだけ安価に届ける為に、物流や業務の徹底した効率化を図っています。そのため、販売価格は平均を下回っているのです。

お客から信頼されている理由のもう一つは、大きな地元があるからです。

ニチガスでは関東圏一円にグループ企業の各都市ガス会社に加えて、5支店60を超える営業拠点を設けており、お客の要望に応える体制を作っています。

特長としては杓子定規ではなく、その拠点それぞれが地域に根ざした活動を通して綿密なサービスを提供しており、少しでも地域に住むお客の生活に、身近に溶け込んだ会社に慣れるように努力を続けているのです。

充実し柔軟なサービスがあるからこそ、ニチガスはお客から信頼されている会社なのです。

 

■海外展開をするニチガス

LPガスや都市ガスの供給をはじめ、グループ会社と共にガスにまつわる事業を行っているのがニチガスです。ガスの供給からガス機器や住宅機器、エアゾール製品の販売、そして、リフォームまで行っています。
エリアとしては関東一円に強いニチガスですが、近年では海外への進出も行っています。海外へ進出した理由はどんなことがあるのでしょうか。

 

<現在のニチガスの状況>

%e7%94%bb%e5%83%8f1日本では電力は2016年から自由化し、2017年にはガスも自由化がされます。電力やガスの小売自由化は、エネルギー会社のあり方を大きく変えると考えられています。

そのためニチガスは、「エネルギー会社はライバルではなくパートナーとなるべき」と考え、これまでも数多くのエネルギー会社と手を結んできました。

現在では東京電力エナジーパートナー株式会社と手を結んでいます。

エネルギーが自由化され競争が激しくなる中、全ての企業がライバルとしてしのぎを削るのではなく、手を結び共同体として業界全体のより良い成績を求めていくものだと考えています。

また、国内だけでなく、海外の会社とも手を結び、現地に溶け込みながら、様々なノウハウを蓄積しています。海外展開をすることで海外のエネルギー事業を助けながら、エネルギービジネスの進化にニチガスは一役買っています。

 

<ニチガスが海外展開する理由>

%e7%94%bb%e5%83%8f2ニチガスが海外に進出しているのは、現地のエネルギー事業を助けながら日本でのエネルギー自由化に向けて対応するためです。

アメリカやオーストラリアでは既にエネルギーの自由化が実現しています。そのためアメリカやオーストラリアに積極的に進出して事業を推進することでノウハウを蓄積します。

日本がエネルギーの自由化を迎えた時に、よりよい形でニチガスは日本のお客にエネルギーを提供するために海外への展開を行っています。

国内のみで自由化に対応しようとしても難しいものです。既にエネルギーの自由化が行われている国に展開し、事業を行いながら現地で様々なノウハウを蓄積するということは理に適っているといえます。

日本での自由化が始まってから試行錯誤しても遅く、その場合は自由化の流れに飲み込まれてしまいます。その点、思い切って海外展開をするニチガスは目の付け所が違い、大胆でアクティブな企業といえます。

 

<ニチガスにおける米国テキサス州への展開>

%e7%94%bb%e5%83%8f3ニチガスはエネルギー小売事業展開で蓄積したノウハウや実績を基に、2011年から米国テキサス州でEntrust Energy,Inc.(EE社)を設立。

米国テキサス州で小売事業をゼロからスタートし、2015年12月末時点でお客の戸数は約12.5万戸までになりました。エネルギー自由化が進むテキサス州で、ドアノックやテレマーケティング、インターネットなど様々な販売チャンネル戦略を展開しています。

様々な販売戦略や蓄積したノウハウを活かすことで、テキサス州では8位になりました。米国の各州の中でも自由化が最も進んでいたテキサス州においては、快挙ともいえます。テキサス州のエネルギーをニチガスは支え続けているのです。

 

<ニチガスの米国北部への展開>

%e7%94%bb%e5%83%8f4アメリカへのニチガスの展開は、テキサス州だけでは留まりません。EE社に引き続き、2012年にアメリカ北東部7州(ペンシルベニア、ニューヨーク、イリノイ、オハイオ、ニュージャージー、コネチカット、メリーランド)で電力・ガス小売事業を行うNorth Eastern States,Inc.(NES社)を設立。そして2013年8月より営業を本格的に開始しました。

このNES社はEE社と同じように、ゼロからのスタートでした。ですが現在では約5万戸(2015年12月末時点)にまで増加していきました。

エネルギー自由化が急速に進むアメリカ北東部において、ニチガスは消費者のニーズに合ったより高品質で競争力のあるプロダクトやサービスを提供しています。
NES社の提供するサービスはアメリカ北東部7州で受け入れられ、現地の多くの方の生活を支えています。

 

<ニチガスのオーストラリアへの展開>

%e7%94%bb%e5%83%8f5ニチガスは、アメリカだけでなくオーストラリアへも進出しており、2013年8月には、オーストラリアで電力エネルギー・マネジメント・サービスを提供するCOzero Holding Limited(CO zero社)へ、資本・経営参加をしました。

CO zero社はスマートメーターの進化系であるEnergyLinkを活用した商品・産業向けの省エネ・電力小売事業を展開しています。

この会社にニチガスは取締役を派遣。投資価値の向上に努めつつ、自由化後の国内エネルギー市場で重要な事業領域となる、小売分野でクラウドによる省エネに関する事業ノウハウを蓄積しました。

CO zero社は電力消費の効率化を可能とする節電技術を持っています。技術開発を後押しすることで、日本でのエネルギー自由化後の事業展開に役立たせています。

 

<ニチガスが買収ではなく事業を拡大したわけ>

%e7%94%bb%e5%83%8f6ニチガスが海外へ進出したのは、次の50年を考えるとガスから電力、国内から海外へと外に出るほかなく、国内だけでやっていくことは、自ずと限界が見えると思い至ったからです。

海外へ進出した際は、既にある会社を買収するという手もありましたが、自由化が進んでいる分、顧客にメリットをしっかり提供すれば勝てると考えたのです。

海外の展開をして利益を上げるということもありましたが、一番は自由化が何をもたらし、どうすれば顧客を獲得できるかをニチガスは考えていました。そのため買収という形をとらず、事業を拡大という形で海外に進出しました。

苦労はあったものの、アメリカやオーストラリアの方にメリットのあるサービスを提供し、次第に選ばれていったのです。

 

<ニチガスの海外展開の結果>

%e7%94%bb%e5%83%8f7

海外展開をし、アメリカやオーストラリアで順調にお客の数を増やしていったニチガスですが、現地で展開することで様々なノウハウを得ました。

例えば海外では2年間固定料金など日本にはないメニューも提供していました。それをニチガスでは国内の事業にも取り入れて、「2年間固定単価プラン」として現在提供しています。2年間割安な単価でガスが利用できると評判になっています。

海外での事業展開をすることで、何が喜んでもらえるのか・どんなサービスが可能なのかを学び、そして今では日本のお客に、学んだことを活かしてサービスを提供しています。
現在提供しているサービスは、海外での事業展開の経験がしっかりと活きています。

 

<ニチガスのまとめ>

%e7%94%bb%e5%83%8f8エネルギー業界は自由化により様々な企業が新規参入し、競争の激化が考えられます。その競争の中でいかにお客に対してよいサービスが提供できるのか。それを考えているのがニチガスです。

自由化をした際に早い段階で優れたプランやサービスを提供するために、既に自由化が行われているアメリカやオーストラリアに進出しました。買収という形ではなく事業拡大として進出し、きめ細やかなサービスや業務の効率化などのメリットを提供することで、アメリカやオーストラリアの人々も利用したのです。

そうして手に入れたノウハウや経験を活かし、ニチガスは日本で新たなサービスを提供しています。アメリカやオーストラリアへ進出した経験やノウハウを日本国内に還元しているのです。そうしてエネルギー自由化の時代に合わせ、時代の流れにあったサービスを届けています。
海外の進出で得たものにより、エネルギー自由化競争を生き残るのがニチガスという企業です。

 

■これまでのニチガスと現在のニチガス

関東圏を中心としてガスの供給にはじまり、ガス機器や住宅機器の販売、その他にも様々な事業を行っているのがニチガスです。
事業の中心となるガスの供給では日本国内のお客数が115万戸、海外のお客数は17.5万戸を超えています。多くのお客に愛され、さらにどんどん成長し続けている企業がニチガスです。

そんなニチガスにはどんな過去があり、現在までに至ったのでしょうか。

 

<創業期からLPガスの成長期を潜り抜けてきたニチガス>

ニチガスは1955年に設立しました。そして現在に至るまでの歩みを始めました。1955年にLPガスの直販会社として設立し、1964年にはイベントで使用するガスも供給しました。そうやって着実に事業の幅を広げ、大きくなっていったのがニチガスです。

saitama-11966年には都市ガス事業も開始しました。埼玉県北本市に新日本瓦斯(株)を設立し、1971年までに我孫子・小山・取手・久喜で都市ガス事業を開始しました。

1970年代からはニチガスは拡大期を迎えました。1973年に東証二部に上場し、1977年には売上高100億円を達成しました。そして1979年には東証一部に指定替えしました。LPガスや都市ガスと共に事業エリアを順調に拡大していったのです。

1990年代からはLPガスの成長期を迎えました。ニチガスはLPガス自由化を背景に急成長しました。
1999年から2003年にかけては都市ガス会社の統合・買収を進め、現在の都市ガス会社4社体制に移行しました。ニチガスはグループ都市ガス会社を再編したのです。これは将来のエネルギー自由化を見据えてのグループ会社の再編でした。

1990年代後半からはLPガスが自由化しました。ニチガスもLPガス自由化以降、営業力を活用してお客の数を大幅に増加してきました。

創業期からLPガス成長期を潜り抜けてきたのがニチガスです。事業やエリアを拡大し、さらに先を見据えてグループ会社を再編しました。これらが現在のニチガスの土台となっています。

 

<構造改革を経て急成長期を迎えたニチガス>

buturyu2000年代を経て、2010年代に突入したニチガスは一念発起し、ニチガスは物流改革・海外進出・フルクラウド化などの革新的な取組に着手しました。
さらにニチガスは東京電力(株)との業務提携、さらにICTを進化させてエネルギー自由化に突入して行きました。

ニチガスは2010年から物流改革に着手、物流システムにハブ基地、デポステーションなどを導入しました。その結果、高効率は配送オペレーションを実現し、費用を削減しながらスムーズに運搬が可能になりました。効率化を果たした結果料金も安くなり、ユーザーにとってもメリットがあるようになったのです。LPガスの料金の安さは、現在のニチガスの売りの一つでもあります。

2011年からは海外事業進出を行いました。エネルギー自由化市場のノウハウを蓄積するべく、米国や豪州でエネルギー小売り事業を開始しました。

2012年、ニチガスはクラウドシステムの「雲の宇宙船」を導入しました。この独自のクラウドシステムにより、基幹業務の全てをクラウド化することになりました。中間コストの大幅削減が実現し、様々な無駄を省き、社員にとっても業務がスムーズになって数々のメリットが得られました。

ニチガスは創業58年の2013年にお客の数が100万件を突破しました。それ以降も着実に数を増やしています。

2015年にはニチガスは東京電力(株)と業務提携を行いました。エネルギー自由化を見据えての提携です。これにより電力+ガスのセット販売が可能となりました。また東京電力(株)とのアライアンスを活かした営業も可能となりました。
さらに同じ2015年には本社を渋谷区代々木に移転しました。本社にはグループ管理部門を集約し、東京西部の営業拠点として活用しています。
2016年には都市ガス売買に関する基本契約の締結を行いました。これにより2017年4月からニチガスは東京電力エナジーパートナー(株)から都市ガスの卸供給を受けることになりました。

ニチガスは2010年代は構造改革を経て急成長期を迎えました。今後の動向に目が離せないのがニチガスです。

 

<現在のニチガス>

どんどん成長し、規模を広げ様々なことを手掛けているのがニチガスです。そんなニチガスは現在、関東圏でLPガス第1位となっています。都市ガスは第3位となっています。魅力的なマーケットである関東圏がニチガスの主な事業エリアです。

ニチガスは関東全域で事業を展開し、LPガスの小売りとしては国内最大手となっています。
2017年4月以降は都市ガスの事業エリアを拡大し、LPガスや都市ガスの両事業でシェアを大きく拡大していきます。
ニチガスのお客数は増え続けており、2006年から2016年の10年間で約1.7倍となりました。現在では115万件を超えています。

akusyuニチガスの営業担当者は、全てのお客に対してface-to-faceによって信頼関係を築き上げてきました。ヒトの力に加えて、ICTを活用した高品質なサービスや東京電力エナジーパートナー(株)とのアライアンスを活用します。そうすることでさらにお客の増加数のスピードを増して、自由化を迎えるエネルギー業界で勝ち残る企業に成長していきます。

またニチガスのお客の増加数は、同業大手のガス事業者と比較しても高い成長力を有しています。2016年3月期のニチガスのお客の増加数は全国のガス会社で第3位、2016年3月待つ時点のお客の数は大手ガス会社の中で4位となっています。
同業大手が有していない、ニチガス独自のICTとヒトの力を駆使し、都市ガス自由化を契機にさらにお客増加数を伸ばしていこうとニチガスは考えています。

 

<ニチガスのICTとヒトの力>

現在のニチガスを支えているのがICTとヒトの力です。
このICTとは、インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジーの略です。今では一般的となったITの概念を更に一歩進め、情報技術に通信コミュニケーションの重要性を加味した言葉となっています。
ニチガスはグループでクラウドシステムにより最新のお客の情報を管理・共有することで、最適なサービスを提供しています。

graph001ニチガスの最大の強みは「価格競争力」です。ニチガスの家庭用LPガス平均販売価格は、公的指標として公表されているLPガスの関東平均価格より約2割、全国平均価格より約3割安価となっています。
非常にリーズナブルな料金で、お客からも評判です。その安さが多くの方に支持されています。

ニチガスの強みである価格競争力の源泉は、ニチガス独自のICTによる効率的な事業運営にあります。
ビッグデータを活用した効率的なLPガスボンベの交換や、スマートフォンによるガス使用量の検針など徹底的に無駄を廃した高効率なオペレーションを行っています。
ハブ基地やクラウド化、LPガスの配送システムの一新により2010年の構造改革後は販管費の伸びが止まりました。効率的な事業運営により販管費を一定水準保ち、客の数は毎年伸ばし続けています。

ICTを有効活用しつつ、ヒトの力もしっかり取り入れているのがニチガスです。このヒトの力とは、創業以来続けている対面型の営業活動を指します。
ニチガスグループでは営業担当者がお客の一人ひとりと直接会い、向かい合うことでニチガスのサービス内容や保安について詳しく説明しています。
こういったface-to-faceの営業活動により、ニチガスグループは顔の見えるお客との関係を築き上げました。
全てのお客にニチガスの営業担当者が存在していて、アフターケアも担当者が自ら行っています。そうやって顔の見えるお客との関係を作り上げているのです。
こういった営業活動もあるからこそ、2016年3月期のお客の増加数が全国のガス事業者でNO.3となっています。

最新の技術を積極的導入しつつ、創業以来のやり方もきちんと行っている。それが、ニチガスが行っているICTとヒトの力です。ICTはコストスリムな体質を生み出し、ヒトの力はお客との絆を深めています。どちらか片方ではなく両方行っているからこそ、今日のニチガスがあります。

 

<ニチガスを支えているクラウドシステム>

ニチガスを支えているクラウドシステムが「雲の宇宙船」です。
この雲の宇宙船は様々な業務で利用されており、ニチガスのガス販売システムや保安システム、配送システムにその他の場所と様々な場面で活躍しています。

global雲の宇宙船には4つのポイントがあります。1つ目はリアルタイム処理です。LPガス顧客約77万軒のビッグデータがリアルタイムで処理され、お客の最新情報が即座に共有できます。

2つ目はワンデバイスです。ニチガスの雲の宇宙船は市販のスマートフォン1台で全ての業務を現場で完結出来ます。
高価な専用機器を必要としないので導入が非常に楽で、費用も削減出来ます。またアプリケーションの自動更新による機能拡大も可能なのが特長です。

3つ目は中間処理の削減です。現場で登録された情報がクラウドにより更新されて、バックオフィスでのデータ処理などの業務が雲の宇宙船なら約90%不要となります。様々な処理がなくなるので、業務が非常にスムーズになります。

4つ目は経営判断の迅速化です。お客の情報がリアルタイムで共有され、最新の実績データに基づいた経営判断が可能となります。

ニチガスグループは雲の宇宙船を導入することで様々なメリットを得ています。データ保存や同期、閲覧により販売や保安、配送など様々な場面で活躍しています。現在ではニチガスやグループ会社を支えているのがクラウドシステムの雲の宇宙船です。
この雲の宇宙船の進化は、ニチガスグループの更なる成長の鍵でもあり、現行のシステムに最新の技術を取り入れることで、お客に新しいサービスを提供することが可能となります。

ニチガスを支え、成長の鍵となるのがクラウドシステムの「雲の宇宙船」です。

 

<ニチガスのICTのトピックス>

itstrategycompanyICTを積極的に取り入れているニチガスは、2016年6月に「攻めのIT経営銘柄2016」に選ばれました。
経済産業省と東京証券取引所が共同で、収益拡大や事業革新などのために積極的にITを活用している企業を投資家に向けて紹介するのが、「攻めのIT経営銘柄2016」です。ニチガスの雲の宇宙船への取組が評価され、「攻めのIT経営銘柄」26社のうちの1つに選ばれました。

2016年9月7日には、(株)メタップスとニチガスは資本業務提携を締結しました。この提携により、ニチガスはAIとLINEを組み合わせたガス器具の販売やペーパーレスWeb決済サービス、お客向けWebサイトの新設などの最新ICTを取り入れたサービスの構築を進めていきます。
また、(株)メタップスのビッグデータ処理技術により、さらにニチガスの経営分析や業績予想の精度を高めていきます。
その他にもニチガスは多彩な決済手段をお客に提供し、サービスのクオリティ向上にも努めていきます。

 

<ニチガスの今後>

ニチガスは今後、LPガスなど従来の事業でのお客の数を増やすだけでなく様々なビジョンがあります。

graph013電力は2016年4月に自由化が開始されました。都市ガスは2017年4月に自由化の予定です。
都市ガスの自由化に向けて、ヒトの力の賜物である強い営業力・ICTを取り入れた高品質なガス保安、50年間続けてきた都市ガス事業の経験・都市ガス自由化市場で必要とされる要素や十分な実績・LPGで作り上げた価格競争力・最新のICTを取り入れた新サービスを武器に、新規都市ガスエリアに進出します。
そして2018年3月期に都市ガス顧客純増を目指します。

さらにニチガスでは、進化させた雲の宇宙船のプラットフォームの販売も進めています。コストスリムな経営が求められる環境下で、今後は雲の宇宙船は非常に価値のあるプラットフォームになると考えているからです。
そこでニチガスはフィンテックやAIなどの最新技術を取り入れて、雲の宇宙船をさらに進化させ、同業者をはじめとする全国のエネルギー事業者に販売していくことを考えています。

これがニチガスの今後のビジョンです。ICTとヒトの力を駆使し、更なる成長を目指します。

 

<未来に向けて更に発展していくニチガス>

1955年に設立し、設立以来どんどん成長し続けているのがニチガスです。現在もLPガスの供給をはじめ様々なサービスを提供し、事業を拡大しつつよりお客の数を増やしています。
お客の数を増やしているのは、ニチガスがヒトの力を利用しICTをはじめとした新技術を導入しているからです。さらに未来を見据えて様々な企業と業務提携を行っています。現状に満足せずどんどん成長していき、エネルギー自由化に向けて備えています。
未来に向けて更に発展していくのがニチガスです。今後の発展や、新サービスの提供に期待が持てます。